« 探偵集団ストーカーの強欲商売システム「恐怖商法」! | トップページ | あなたの近くにも増えている!探偵集団ストーカーの見分け方 »

2010年10月12日 (火)

広がる被害者団体と探偵集団ストーカー

◆人数は集スト滅亡のための最大の力!
悪夢のようだが、この洗脳マシンを使った探偵の集団ストーカーという犯罪は、私だけでなく、日本だけでなく、世界のあちこちで20年前から起きている。

その攻撃方法を簡単に言うと、

  強い洗脳(機械)
  肉体的な痛み(機械)
  近くの人間達を大勢使った脅し(集団ストーカー)

24時間この3つのコンビネーションだ。


そしてまず最初に、集ストが最初に実行するのが、

ターゲット(私)の味方をゼロにする「ターゲットの孤立化」



なぜかと言えば、人数は力だから


集ストの彼らはそれを誰よりも知っているため、

どんな代償を払ってでも、

自分達の人数を増やして自分達を巨大に見せ、

一方ターゲットを、たった一人に孤立させるのです。


◇とにかく集ストには団結!!そうすればあなたも助かることができる!!


・・・こんな超級危険犯罪、世間の人間は反対しないでしょうか???

誰でも犯罪は大嫌いです。


自分は遭いたくないし、世の中にあってほしくもない!!

それが世間、常識人というもの。


正しい事というのは、常識人なら皆信じます。


しかし今の段階で国民全員に、

この洗脳マシンと集団ストーカーによる抹殺がバレたら、

恐怖で国民じゅう大騒ぎになります

選挙票が変わることになる!

多くの被害者(ターゲット)や、

集ストに遭いたくない皆が集まって力を持つことで、

この犯罪を消せる巨大な政治的な力になれるんです!!

またこのストーカー犯罪を使って工作していた企業や前某与党には、大きなダメージになる。


そうして真実を知った、被害者になりたくない人達で、「反集団ストーカー」が広まり、団結してしまったら

彼らのこの力はなくなってしまう。 

なにより、探偵達が食べていけなくなってしまう!!

彼らは殺人を繰り返しても、食っていきたいのだ。

かつ自分達を正義だと思われていたいのだ。


それを防ぐためにも、

一般人が自分達の実情を知らないように、そしてまさか団結しないように、

水面下でも地上でも、あらゆる手を使って必死なのだ。


脅迫して被害者の口を閉じさせ、

集スト協力者を脅迫して奴隷のごとく従わせ、

証拠が出ないよう、自分達のダミーを使って追わせて、被害者の追及さえ逃げまくる。




だから、今から準備しなければならない。 よく知り、よく理解し、よく選ばなければならない。


生きていたければ


皆で集まれば、あなたやあなたのお子さん、あなたのご家族は、こんな私のような目に遭わないで済む事ができるんです!!

一日も早い方がいい。 

自分で知ったこの事を、家族や知り合いに伝え、そのまた知り合いに伝え、そのまた知り合いに伝え・・・


一日も早く、一人でも多くの人が、準備をしておかなければならない。


日本では、企業によってやっている所、やっていない所があるが、

企業専属の団体と、探偵社による集団ストーカーがある。


企業として例を挙げれば、パナホーム・パナソニックが使っているのは日本の専属の探偵社だ。

彼らは、
パナソックPanasoc)とも名乗っているので、わかりやすい パナソック の名前の方を使ってこれからは述べていく。)


これによって、自分の思う通りにならない人間を、精神病院や自殺に誘導したり、この洗脳機械を世間の大勢の人間に一度に向けて、購買意欲の洗脳による植え付けを行ったりする。

なぜそれをするか?


金だ。

シンプルに金だ。 金が欲しいから、力が必要で、暴力に走る。

しかも証拠が出ない、こんな方法に走る。


企業だから金融活動・企業活動、などというものではなく、

このように、人をガンや重病にして殺してでも欲しいという、根っからの強欲の金欲だ。


パナホーム・パナソニックのように、企業によっては、その実体は金欲の塊であるということは、今後の日本を診る上で、重要だろう。




またこれは日本だけではなく、

アメリカでは裁判による勝訴例がすでに数件出ており、二度と被害者にこの犯罪をしない、との判決もいくつかすでに出ているが、被害者の数は減らないようだし、

またこのD国では、某調査機関の残党によるこれを使った犯罪が問題となっており、
この国にも多くの被害者救済ホームページなどや、被害者コミュニティ等もある。



多くが気付き始めているように、もう、前に進むしかないのだ。

怖くとも、未知であろうとも。

のほほんとしていてはいけない。この真実から逃げていてはいけない。 一刻も早く、今から準備しなければならないのだから。



よく知り、よく理解し、よく選ばなければならない。


自分で知ったこの事を、家族や知り合いに伝え、そのまた知り合いに伝え、そのまた知り合いに伝え・・・ 


一日も早く、一人でも多くの人が、これを知り、これを使う所を避けていかなければならない。


集ストという超弩級の犯罪に対して、

探偵集団ストーカーに対して、

団結し、人間の力の及ぶ限り、





長ーーい間日本人がのほほんとしている間に、
聞いてもこの真実から逃げている間に、
自分達が国をこの恐怖機械で牛耳っていたのだ・・・


ましてや被害者達の情報から洗脳対策までしたら、

世論がみんなその洗脳マシンに気づいたら、


それに、団結してもらったら、


そして集ストの恐怖感からも、

これがすぐに世間に広まるのは、間違いありません。


ちがいますよね。

のは彼らからしたら分かりきっている。 そしてターゲットがこれの正しい情報を人に広く伝えたり、被害者や理解者が集まることをとても嫌います。

« 探偵集団ストーカーの強欲商売システム「恐怖商法」! | トップページ | あなたの近くにも増えている!探偵集団ストーカーの見分け方 »

無料ブログはココログ